ブログタイトル名を変更お知らせ

マイクラのプログラミング教室を通うなら金銭面で知っておきたいこと

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事は日本語限定記事です

悩むMOB

息子がMinecraftのプログラミング教室に通いたいと興味津々です。
私も賛成ですが、かなりお金がかかり生活が圧迫しそうです。
息子のために私もできる限り連れていきたいのですが、もしものことあったら大変なので、ローリスクでコストを抑える方法を教えてください

というテーマで疑問にお答えをしていきます。

知らないと絶対に損するので、ぜひ勉強をしていきましょう!

目次

プログラミング教室は現状の社会の仕組みを知らないとハイリスク

プログラミング教室をいきなりで駆け足に通うのは相当な「ハイリスク」な行為にしか過ぎません。

理由は単純で「お金」がとにかくかかるから。

これは塾に通うのと大学に行くのと同じ大金を払う人的投資なので社会の仕組みお子さん学生の特性を知らないとかなり無駄金になります。

AQUA

せっかく10万とかかけて行ったのに・・・うーんってなって悲しまないようにはまずは準備が大事よ!

そのために今回の記事の回答では主に準備という形で「将来設計」と「お金の基礎知識」が主に問われます。

失敗するリスクを抑えるためにも特に知っておきたいことを紹介していきます。

知っておきたいリスト

プログラミングスクールを通う中でたくさんあるとは思いますが、その中で3つ重要なので解説していきます。

言語と将来性設計

まず、一番肝心なのがプログラミングを使って将来の夢に活かせるかどうかです。

Minecraftのプログラミングはお子さんでも若者でも楽しめる感じにブロック状で簡単に作れるようになっている設計になっていますが

反面、仕事としての活用は微妙なところです。

その理由は仕事では基本的に「文字打ち」ができることが求められているからです。

というのも決められているわけではなく、そのときに応じて対策をしなくてはならないので、すでに形状化しているオブジェクト型のプログラミングは仕事用には不向きです。

一方で文字型は難しい反面細かい設定変更ができるので、仕事にも応じることができます。

では、Minecraftのプログラミングスクール通う意味はないのか?というと全くそうでは有りません。

というのもプログラミングは一筋縄では行かないほどの険しい道程が必要になるからです。

そのためいきなり文字打ちでやるにしてもイメージが湧きにくい文字型ではお子さんや学生は理解ができずすぐ挫折します。

なので入門的な位置づけでかつ、遊びながら学べるマイクラのプログラミングは、「プログラミング」は難しいというイメージをかき消してくれるため個人的にはおすすめしています。

またもう1つはMinecraftのプログラミングは「Python」とか「Java」などが主に学ぶことが多く、しかもそれらの言語はのちに仕事場や自宅でも活かせることができるとても汎用性が高い言語たちです。

なので意味ないというよりむしろ初心者におすすめというのが本音です。

ただし人によってはプログラミングやITそのものが苦手な方がいるのでできないことには無理強いしないようにしておきたいです。

AQUA

あくまでも予想だけど、働き方が何も改革がなければ今後10年程度はずっと売り手市場(雇用しやすい)状態が続くわけなので、会計やイラストとかなどをほかを活かすのも手だよ

教育訓練給付金制度を活かせるか?

2つ目に絶対に知っておきたいことは「教育訓練給付金制度」の存在です。

教育訓練給付金を使うことにより最大で年間70%相当額が給付されます。

そもそも教育訓練給付金制度というのは45歳未満の方が自分自身がスキルアップを目的にした方向けに国から受講料が支給される制度なので、自分自身で行う必要があります。

教育訓練給付金制度には3種類あり、その中でプログラミングはより支給率の高めな「専門実践教育訓練給付金」の対象になっており

注意点として教育訓練給付金制度は本人のみでかつ本人が1年以上もしくは3年以上の雇用保険がないと受給することができないので、基本的には親がお子さんなどで使うことができません。

また、マイクラの教室には現状は教育訓練給付金制度には現状存在しません。

AQUA

ほとんどが中3までしかないけど・・・正直20代(18歳以上)とかでも結構需要があるから、大人向けのマイクラのプログラミングスクールも欲しいなぁー!

というぐらいおいて欲しいぐらいですが、現実的にはそうも行かないかなとは思います。

これを聞くと

BLACK RABBIT

なんもメリット内じゃないか!適当に記事を書くんじゃねぇ!

とか言われがちですが、ちゃんと間接的にメリットがあります。

というのもマイクラのプログラミングはほとんどが小学生中学生向けを対象にしたところが多いです。

マイクラのプログラミングは前述の通りほとんどが入門的な位置づけなため、教育訓練給付金制度の知っておいてメリットがあるのはその後の専門的なプログラミングを学ぶためにあります。

AQUA

Pythonなど

なのでこういった学生におすすめです(15歳以上)

  • アルバイトで働き雇用保険で1年以上もしくは3年以上の現職の方、もしくは1年以内に離職している方
  • プログラマーとして働きたい方

などです。

説明すると長くなってしまうので、詳しいことはこちらから御覧ください

計2~3年分は負債として見積もる

コースや実態にもよりますが、もし入学を決まった際は2~3年分程度の現金預金は確保しておきましょう。

プログラミングは習得までに時間を要するので、多くが1年以上継続することになります。

なのでこの分を確保すると言った目的であれば別の預金にて分離管理していくことを推奨します。

AQUA

とはいえ、口座が多すぎてもあれだからメインとその預金用の2個作っていればOKです。

まとめ

今回はプログラミングスクールを通う前の下準備として解説していきました。

スクールという世界ではかなりのお金を使うことになるので、無駄遣い防止のために将来設計はとくに重要でしょう。

お金の管理を厳重にしつつ、マイクラのプログラミングスクールにて楽しく学べるようにしておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次