ブログタイトル名を変更お知らせ

マイクラにGPU(グラフィックボード)は必須!おすすめ商品と理由を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩むMOB

マイクラにおすすめのデスクトップ向けGPUを教えてください

というテーマで疑問にお答えをしていきます。

マイクラは軽いゲームでありながらも影MOD等を入れると極端に重くなるという特徴を持つゲームです。

そのため使い方によって快適になるかそれともかくかくしてイラッと来るかもしれません。

そこで今回はMinecraftに特化したおすすめのデスクトップ向けGPUをかなり細かく解説をしていきます。

AQUA

今回紹介する記事はグラフィックボードを交換できる方を前提で紹介していくのでPCまるごとではないことにはご了承を

なお、GPUを解説する前にどんな環境で遊びたいのかを知らない方はまずは「マイクラでおすすめのゲーム機はどれなのか比較してみた!」をご覧になることをおすすめします。

目次

発売中のGPU

2024年1月現在発売しているGPUは以下の通りになっています

スクロールできます
商品名
(リンクAmazon)
個別
記事
CUDAメモリパス
VRAM
GPU
スコア
キャッシュマイクラ
影MOD
(FHD)
マイクラ
影MOD
(WQHD)
マイクラ
影MOD
(4K)
TDP価格日本円評価
RTX 409016384384bit
24GB
4429372MB450w1599ドル298,000円
RTX 4080 super10240256bit
16GB
64MB320w999ドル162,800円
RTX 40809728256bit
16GB
3143164MB320w1199ドル189,000円
RTX 4070 Ti super8448256bit
16GB
285w799ドル127,380円
RTX 4070 Ti 12GB7680192bit
12GB
2538248MB285w799ドル109,800円
RTX 4070 super7168192bit
12GB
48MB220w599ドル95,480円
RTX 40705888192bit
12GB
1973436MB200w
225w
549ドル84.000円
RTX 4060 Ti 16GB4352128bit
16GB
1503832MB165w499ドル69,800円
RTX 4060 Ti 8GB4352128bit
8GB
1503532MB160w399ドル57,800円
RTX 40603072128bit
8GB
1246116MB115w299ドル42,000円
RTX 3060 Ti
GDDR6X
4864256bit
8GB
140164MB225w399ドル48,000円
RTX 3060 12GB記事3584192bit
12GB
101033MB170w329ドル38,000円
RTX 3060 8GB3584128bit
8GB
74562MB?170w329ドル34,500円
RTX 3050 8GB記事2560128bit
8GB
69012MB130w
115w
249ドル29,800円
GTX 1650896128bit
4GB
90w
80w
75w
149ドル19,800円
GTX 163051264bit
4GB
75w13,400円
GPUスコア参考:3DMark-Core i9 13900Kにて計測

GPUは交換もしやすく、わかりやすい部品

パソコンパーツは交換は難しく、壊れやすいといったもので多くの方がPC本体ごと買い替えるケースが多いのですが

グラフィックボードは比較的かんたんに交換が楽にできるパーツの一つで、メモリよりも取り外しが楽と言えるほどです。

なのに交換をするだけでゲームの快適さは抜群に変わるのでいかにもグラフィックボードの交換は非常に重要といえます。

交換しやすさ
CPU
GPU
RAM
電源ユニット
ドライブ

ただし、CPUの性能にも問題があるなら素直にまるごと買い替えよう

グラフィックボードを交換するに当たり、CPUも古いのであれば素直に買い替えをおすすめします。
理由として交換が難しいだけじゃなく時間単価的にやはり合わないことも大きな理由になります。

実際にCPUの交換を行ったことがありますが、正直に言えば素人は絶対にやらないべきといえる感じです。

プロでも壊すことがあるほどなので相当高度な作業と言える内容でしょう。

具体的にはこういった物を交換しよう

PCを丸ごと買い換える条件として以下の3つが上げられます

  • intel CPUが第9世代(型番9000番台)、AMD CPUが第2世代以前(型番2000番台)
  • Windows11にアップデート対応できないPC
  • 購入してから5年以上

intel CPUが第9世代(型番9000番台)、AMD CPUが第2世代以前(型番2000番台)

まず、これはマニアックな話から入ると、CPUがintelだと第9世代以前、AMDのRyzenが第2世代以前であれば買い替えたほうが良いでしょう。

近年はCPUの進化が凄ましく第13世代のCore i9だと24コアもあるほどです。
更に下のCore i7でも16コア、Core i5ですら14コアもあります。

AQUA

24コアなんて、もはやサーバーレベルだよー!

具体的にこういった型番系は買い替えが良いでしょう。

  • intel Core i7 6700K(intel第6世代)
  • AMD Ryzen 5 1600X(AMD第1世代)

Windows11にアップデート出来ないPC

物理的にWindows11にアップデートができないCPUなども買い替えの指数に挙げられます。

Windows11のアップデートにはこういった条件が求められます

  • intel CPU第8世代以降、AMD CPU Ryzen第2世代以降
  • 1GHz以上のクロックがあるCPU
  • メモリ4GB以上
  • Direct X12以上に対応したGPU

なお、Windows10は2025年にサポート終了するということが発表されているため、あと1年もしたらやはり買い替えておいたほうが良いでしょう。

購入してから5年以上

購入してから5年以上経過しているPCもまるごと買い替えをする指数としてあげても良いでしょう。

5年以上経過しているPCは壊れるリスクが買った当時よりも遥かに高いです。

もちろん使用頻度にもよるので一概に言えないのですが、大体5年ぐらい経過するとゲームを動かすですら厳しくなると言われています。

AQUA

ただし最近は進化が遅くなったり高価化するなどから、買い替え5年というのはあまり一般的ではなくなりつつあるのだ!

現在も現役レベルのGTX 1080 Tiや今でも主流上位のGTX 1650GTX 1060などもだいぶ前ですが利用者が多いです。

5年というのは性能面も物理的な故障という目安になるのでここは素直に買い替えるのが得策でしょう。

GPUの選定する重要な要素(ハードウェア編)

GPUの選定する重要な要素であるハードウェア面に関して解説していきます。

  • CUDA数と実性能(上級者向け)
  • VRAMやメモリパス(キャッシュ)
  • TDP
  • GPUサイズ

CUDA数と実性能

マイクラにおいていちばん重要なのがこの部分。

CUDA数や実性能は他のゲームでも同様に非常に大きくゲーム快適度が変わってくるほど重要な基礎と言えるでしょう。

3Dmarkや実際の動画のフレームレートなどのベンチマーク等で事前に見ておけば、買い物失敗するリスクが減るでしょう。

ただ、GPUの世界では性能が高いほどできることが増えて優遇する傾向があります。

長持ちする意味合いでも安くて性能が低いものより初期費用は高いけど
買い物する回数が減り気が楽な高性能なGPUの方が色々諸々楽になるため、高性能の方をおすすめします。

実性能

RTX 4090>>RX 7900 XTXRTX 4080 SuperRTX 4080RTX 4070 Ti superRX 7900 XTRTX 4070 TiRTX 4070 superRX 7800 XTRTX 4070RX 7700 XTRTX 4060 TiRTX 3060 TiRTX 4060RX 7600RTX 3060>>RTX 3050RX 6500 XTRX 6400GTX 1650Radeon 780 M>>GTX 1630

VRAMやメモリパス(キャッシュ)

次に重要なところなのが、メモリ面。

ゲームにおいてメモリ面はさほど多くなく4Kでも10GBさえあれば足りてしまうほどなのであまり気にしない部分ですが

マイクラにおいても通常のバニラであれば4Kでも8GBさえあれば足りてしまいます。

しかし、影MODクリエィティブなところに使うとなると話が別で、特に影MODの場合は冗談抜きにメモリを消費が多いです。

影MODを使用しながら録画を取るとなればフルHDでも12GB
4K画質であれば24GB程度ないときついほど処理が重いです。

そのため、メモリに関してもマイクラで遊ぶのあれば意識をしたほうが買い物ミスを減るかもしれません。

商品名メモリパス
VRAM
キャッシュ
RTX 4090384bit
24GB
72MB
RTX 4080 super256bit
16GB
64MB
RTX 4070 Ti super256bit
16GB
48MB
RTX 4070 Super192bit
12GB
48MB
RTX 4070192bit
12GB
36MB
RTX 4060 Ti 16GB128bit
16GB
32MB
RTX 4060 Ti 8GB128bit
8GB
32MB
RTX 4060128bit
8GB
16MB
RTX 3060 Ti
GDDR6X
256bit
8GB
4MB
RTX 3060 12GB192bit
12GB
3MB
RTX 3060 8GB128bit
8GB
2MB?
RTX 3050 8GB128bit
8GB
2MB
RTX 3050 6GB96bit
6GB
1.5MB
GTX 1650128bit
4GB
GTX 163064bit
4GB
GPUスコア参考:3DMark-Core i9 13900Kにて計測

また、同じメモリ容量でもメモリパスやキャッシュなども要注意です。
たとえばRTX 3060 Tiは8GBでかつ256bitですが、後継のRTX 4060 Tiだと8GBであっても128bitと半減されています。

アクア

この半減はゲーマーから刷ればけっこうきつい部分・・・

メモリパスはメモリ速度に最も影響が及ぼすため4Kなども重いゲームではかなり影響が出やすいです。
そのため重たいゲームをする際はメモリパスやメモリ速度を意識したほうが良いです。

TDP

マイクラのスペックとは関係ないものですが、TDPの数値にも気をつける必要があります。
TDPは厳密に言えば熱設計電力なものですが

基本的にイコール消費電力に近い水準だと思っても良いです。

TDPをなぜ気をつけなければいけないかというと、最近のGPUは消費電力が高い傾向に有り、特に電源ユニットに関して、容量が不足するといったリスクがあるからです。

商品名TDP推奨電源
RTX 4090450w850w
RTX 4080 super320w750w
RTX 4070 Ti super285w700w
RTX 4070 super220w650w
RTX 4070200w
225w
650w
RTX 4060 Ti 16GB165w600w
RTX 4060 Ti 8GB160w600w
RTX 4060115w550w
RTX 3060 12GB170w600w
RTX 3060 8GB170w600w
RTX 3050 6GB70w
GPUスコア参考:3DMark-Core i9 13900Kにて計測

一番低いモデルだと53wクラスで、逆に一番大きいのが450wとかなり幅広いです。

BLACK RABBIT

450wってもはや電子レンジやん…

そのため必然的に電源ユニットが大きく直結するため相性の良いワット数を確認する必要があります。
また、近年はCPUの消費電力が多いので余裕を持った電源ユニットを購入したほうが良いかもしれません。

GPUを買い替える際にまず必ずTDPが電源ユニットに足りて動作安定するか確認しましょう。

GPUサイズ

こちらも性能に関連しないものですが

GPUのサイズに対しても買い替える際には注意が必要です。
前述の通り、最近のGPUは消費電力が高い傾向があり、それにともなってサイズも大きくなってきているようです。

一番スペックの小さいものであればスマホぐらい大きさですが

最高性能であるRTX 4090になるとPS5ぐらいに匹敵するほどかなり大きく、スペック面やTDPでみてもかなり差が大きく差があります。

何が言いたいのかというと、買い替えの際、今使っているGPUがPCケースに収まるかちゃんと気をつければなりません。


横幅が大きいと蓋が閉まらない、縦幅が大きいとそもそも入らないといった問題点があるため、かならずPCの内部のサイズを測ってから買い替えをおすすめします。

GPUの選定する重要な要素(ソフトウェア編)

ここまではGPUに関することを書きましたが
次はMinecraftのソフトウェア面に関する判断基準になります。

  • JAVA版:影MODやリソースパックを使うか?
  • 統合版:Minecraft with RTXを使うのか?
  • JAVA版:MODをどれほど入れるか?
  • 解像度やフレームレート
  • 環境(動画や配信をやるのか?)

影MODやリソースパックを使うか?

まず、マイクラで一番の決め手となるのがJava版における影MODやリソースパックたちです。

これで大体8割はここの部分で決まるかなとは思うぐらい重要性は極めて高いです。

まず影MODの方ですが、実行するだけでもかなり重くなります。
シェーダーパックによってどれほどの重さが変わってくるので一概に言えませんが、最低でもRTX 3060はほしいです。

ブラウニー

最近発売されたRTX 3050 6GBだとだめなの?

アクア

影MODはなめちゃあかんよ!
どのファイル化によるけど、基本的に最低でもVRAM8GBはほしいね!

実際に実機所有しているRTX 4090でもさえフル稼働する場面もあるのでここで決めてしまうというのもありでしょう。

そしてオプションで重くなるのがリソースパック。
リソースパックは色んな種類が有り、中にはデフォルトより軽いというものもあります。

そのなかで特に重くなるのが3Dのリアルリソースパック
リアルリソースパックはまるで立体に見えることを表現することであり、コレもまた非常に重いです。

実際にRTX 4090でもさえフルにやっても快適にはできませんでした。

というぐらいもはやこれら2つはモンスターを超えるモンスターレベルです。

そのため使いたいシェーダーパックに応じてGPUを選ぶのも有りでしょう。

Minecraft with RTXを使うのか?

2つ目は統合版に存在するMinecraft with RTXを使っていくかどうかです。

1つ目の影MODと似たようなシェーダーパックですが、大きく異なるのが使えるGPUがあること。
Java版の影MODはどのGPUでも使えますが、Minecraft with RTXはレイトレーシングに対応したGPUしか使えません。

そのためGTX 1650やGTX 1630などといったRじゃなくGがついた商品は使えません。

アクア

ただ、今販売しているGPUはほぼすべてレイトレに対応したGPUなので、ここはあんまり気にしなくてもいいんじゃないかな?

なお、RadeonはというとRX 6000series以降であればこの機能は使えるようになります。
ただし、Radeonはレイトレに弱いため、基本的にメーカーはNVIDIAのGeforceが推奨します。

実際の重さで言うと意外とそこまで重くなく、RTX 3050でも余裕で動きます。

Java版用のSEUS PTGI HRR3と比べると明らかに稼働率が低くファンノイズが小さいことやフレームレートも結構出たことから最適化やシェーダー自体の軽さが影響しています。

そのためレイトレと入っても高性能なGPUを身構えなくても問題ないでしょう。

MODをどれほど入れるか?

次に重要になるのがMODをどれほど詰め込んで入れるかどうかです。

MODはJava版のみの機能かつ改造なので上級者向けの機能になります。

最近のMODは1つだけでもコンテンツが大きいことが多いので重くなりやすいです。

アクア

具体的に画像のようにリアル系3DモデルなMODとかは重くなりやすいよ

一方でGPU面ではと言うと性能というよりビデオメモリがかなり重要です。


これは処理する内容が多くなるため高画質に映し出すと言うより生成する容量が多いからです。

アクア

chunkとかの描写距離とか次第だけど

にゃもも

普通は16chunkぐらいで60FPSで快適であればそれは足りているということになるね!

この辺はCUDA数はもちろんのことでメモリパスやメモリ容量、そしてL2キャッシュの容量とかで重要に挙げられるでしょう。

解像度やフレームレート

次は解像度やフレームレートです。

これはマイクラそのものよりゲームあるあるな話です。

一般的にゲームの解像度は「1920×1080」「2560×1440」「3840×2160」になり、数字が大きいほど高負荷になります。

また、フレームレートでも一般的には60ぐらいあれば十分ですが、VRだったら90FPS、PvPであれば144FPS以上が望ましいので通常よりも高性能なGPUが求められます。

環境(動画や配信をやるのか?)

最後は動画や配信など外部ソフトを使うかどうかです。

こちらはマイクラとは関係ないですが、録画配信などをする方もおおいので参考程度に紹介していきます。

まず、録画や配信をすると一気に必要なスペックが増えます。
これは録画にもエンコード負荷がかかるので処理が増えてしまうからです。

またビデオメモリ容量やエンコード機能といったものも重要性が高くなります。
録画・配信をするのであれば最低でもVRAMは6GB、できれば8GBは欲しいところです

また、エンコードの種類によって異なっており、H.264なのかAV1エンコードにするかでも変わっていきます。

AV1エンコードをするならRTX 40seriesRX 7000シリーズが必要になります。


そのためここらへんはGPUのスペックに応じて確認しておきましょう。

おすすめのグラフィックボード選定

これまでの総合的な結果から個人的におすすめのGPUは5つになります。

  • 格安ゲーミング:Geforce RTX 3060 12GB
  • WQHDゲーミング:Radeon RX 7800 XT
  • 迷ったら:Geforce RTX 4070 Super
  • 4Kゲーミングスタンダード:Geforce RTX 4070 Ti Super
  • 最高性能・8Kゲーミング視野:Geforce RTX 4090

格安でゲーミングを楽しむなら:Geforce RTX 3060 12GB/4060

概要評価
性能FHDまでだが144Hzは行ける
サイズ小さめ(RTX 3060)
非常に小さい~小さい(RTX 4060)
TDP(熱設計電力)170w(RTX 3060)

115w(RTX 4060)

マイクラを楽しんでゲームを楽しむなら、最低でもRTX 3060 12GB(RTX 4060もしくはRTX 4060 Laptop)ぐらいの性能はほしいところ。

それ以下でもバニラ環境だったら全く問題なく使えるかなとは思いますが

この記事を見ている方のほとんどはMODとかで遊ぶとは思うので、あらかじめ余裕を持った結果でRTX 3060がいいでしょう。

VRAMも12GBもあるので、MODとかも長く使えるし、影MODとかもFHDぐらいなら全然遊べます。

単品GPU(3060)

単品GPUの価格は2024年2月現在はだいたい4万円前後です。

最近は後継モデルとなるRTX 4060の登場で在庫を減らしてきているか価格が上昇気味なので、お早めに!

ツクモAmazon楽天

単品GPU(4060)

今買うならこのRTX 4060が良いでしょう。

115w程度の消費電力でRTX 3060の170wよりも省エネです。

ほとんどのGPUから買い替え先としても電源交換せずにできるのと、115w前後なのでロープロファイルモデルも存在します。

アクア

ロープロは超小型PCに入れられる規格のやつで要はコンパクトサイズってこと!

肝心の価格は4.2万円からとほとんどRTX 3060と変わらない価格で販売しています。
メモリを気にしない、AIをやらずにゲームしかしないのであればおすすめです!

ツクモAmazonAmazon
(ロープロ)
楽天

PCごと買う(4060)

最近はRTX 3060のPCがないところも多くなってきたため、2024年現在買うならRTX 4060がいいでしょう。

メモリは8GBに減量されていますが、性能は高くなっている他、DLSS3も使えるのでひとまず性能不足に困ることはないでしょう。

ツクモLenovoSEVEN
マイニングベースドスパラ/Amazon/楽天サイコム
mouse

PCごと買う(RTX 4060 Laptop)

RTX 4060 LaptopはノートPC向けのGPUですが、ほとんどデスクトップ版のRTX 4060と性能は変わりません。

価格はデスクトップに比べると高めですが、144Hz以上のモニターやキーボード、カメラをついていると考えればコスパ自体はほぼ変わりません。

ARKツクモAmazon

WQHDで快適にプレイするなら:Radeon RX 7800 XT

WQHDで遊ぶのであれば、RX 7800 XTがおすすめです。

RX 7800 XTはAMD製なのでレイトレーシングに弱いと言ったデメリットがありますが
マイクラにおいてはRTX用の影MODを除けば全く使わないので、ほぼ影響はないと言えるでしょう。

またメモリも256bit幅、容量も16GBでありながら499ドルなため、似たような構成を持つRTX 4080よりも700ドルも割安、同じ価格帯のRTX 4060 Ti 16GBよりもメモリパスが2倍もあるため重いゲームに置いてはバリバリと行ける感じです。

迷ったら:Geforce RTX 4070 Super

概要評価
性能WQHDぐらいまでなら余裕(4Kはワンちゃん行けるかも)
サイズやや大きめ
TDP(熱設計電力)220w

GPUの選び方に迷いがあるならとりあえずは RTX 4070 Superが一択!

基本的にこの商品が買い物失敗で一番リスクが少ないでしょう。

まず、性能面で言ってしまえばWQHDやFHDぐらいならよほどコアな使い方をしなければ性能不足に困ることはないです。

アクア

もっと具体的に言ってしまえば、前世代のハイエンドRTX 3080 Tiぐらいの性能を持ち、RTX 3080 Tiは4K60FPSWQHD 144FPSは行けるといったところ。

RTX 4070 SuperRTX 3080 Ti
220w350w
599ドル(10万円前後)1199ドル(20万円前後)

RTX 3080 Tiは価格が1199ドルで350w前後の消費電力でしたが、RTX 4070 SuperはRTX 3080 Tiと同じ性能なのに220w前後なので、4Kギリギリ行けそうな性能ながらもかなり省エネになり価格も半額というお買い得感が強いでしょう。

単品GPU

単品で買うと599ドルですが、日本円だと約10万前後と非常に高いです(円安恐ろしや・・・)

あまりにも価格が高いので基本的に単品での購入よりPCまるごと買ったほうが安上がりといえるでしょう。

アクア

立ち位置的に前代といえるRTX 3070 Tiよりもずいぶんと性能が高いのでネックにならないためにもCPUも最低でもCore i5 13600K以上は欲しいところ。

ツクモAmazon

PCごと買う

バランス価格重視カスタマイズ重視
ツクモ【FRONTIER】ARK
SEVEN

より快適な4K影MODなら:Geforce RTX 4070 Ti Super

概要評価
性能4Kでも十分可能
サイズ大きい
TDP(熱設計電力)285w

4Kの影MODを楽しむのであれば16GBも積んでいる RTX 4070 Ti Super一択です。

以前の RTX 4070 Tiでは性能的に十分だったものの、192bitの12GBでかつメモリ転送速度が504GB/sと少なかったので4K画質で使うのには少し足りない性能でした。

アクア

それでも4K環境であってもRTX 3090ぐらいはあったので使えないことはなかった。

しかし、1月登場の改良版のRTX 4070 Ti SuperではRTX 4080 Superと同じAD103チップ採用で256bitでVRAMが16GBも搭載したので、メモリの弱さによる4K画質のフレームレート低下によるデメリットは少なくなりました。

RTX 4070 Ti superRTX 4070 Ti
256bit/48MB192bit/48MB
16GB12GB
672GB/s504GB/s
アクア

一応70番台を名乗っているのでWQHD向けとNVIDIA公式では公表されているものの実際には4Kでも余裕で使えます。

価格が13万円前後なので、ほぼ同価格だったGTX 1080 TiやRTX 2080 無印/superからの買い替えする方にも最適です。

単品GPU

価格が799ドルで発売されているものの、やはり13万円前後とかなりお高め。

しかし、RTX 4070 Superよりかはドルに対しての価格上昇はまだましなので、単品もおすすめ!

なお、このクラスからはメーカーにこだわる方も多いのでいろんなモデルを用意しています。

ツクモAmazon
ツクモ(MSI)Amazon(MSI)
ツクモ(ASUS/TUF)Amazon(ASUS/TUF)
ツクモ(玄人志向)Amazon(玄人志向)
Amazon(ZOTAC)

PCごと買う

バランス価格重視カスタマイズ重視
ドスパラ/Amazon【FRONTIER】SEVEN(Core i7)
SEVEN(Ryzen 7 7800X3D)

とことん性能重視!Geforce RTX 4090

概要評価
性能4Kは余裕過ぎる!、8Kも十分行ける
サイズ非常に大きい
TDP(熱設計電力)450w

とにかく性能を求めるなら RTX 4090の一択しかないでしょう。

現状最強で4K影MODも余裕で8Kのゲームでも遊べるほどの性能をもついわばモンスターGPUです。

消費電力やサイズが大きすぎる、性能が高すぎて使いこなせないといったデメリットがありますが

マイクラの影MODはやたらと重いのでRTX 4090でも十分に使いこなせれます。

アクア

ただし、消費電力でも400wでもさえ行くシーンが少なめ

単体だと30万円前後とものすごく高価なモデルで、BTOでも45万円以上となかなか手を付けにくい立ち位置ですが

GPU自体のコスパはかなり良く、長い目で見ても現在のGTX 1080 Tiのようなポジションに近いため、2028年の6年経っても使えそうな気がします。

なお、前述の通りあまりにも高性能過ぎるGPUなので、CPUやメモリもかなり高性能なモデルじゃないと使いこなせません。

アクア

本気言わせると、あの最上位モデルのCore i9 14900Kでも全然フルに出せん。

ということからRTX 4090の場合は性能面や消費電力面から、基本的に単体で買うのではなくPCまるごと買い替えるほうがおすすめかなと言えるでしょう。

PCごと買う

RTX 4090を買う場合はとにかく価格は無視思う存分性能重視で選んでおきたいです。
というのも流石に最上位になってしまえば、どのパーツも高くなりがちなので後悔しないためにもやはりケチらないほうがあとさき不幸にならない買い物になるでしょう。

カスタマイズはできればしておきたいところで、例えばCPUならCore i9 14900K、メモリは最低でも32GB、できれば64GBが欲しいところ。
あとは電源は最低でも1200wぐらいはあったほうが安定感があるでしょう。

マザーボードとかも一番高いモデルを選んでおきたいです

ARKSEVEN
マイニングベース

まとめ

マイクラにグラフィックボードを載せる重要性を今回は紹介してきました。
以上のようにまとめると

  • 最近のマイクラは重くなり気味で内蔵が厳しくグラフィックボードが必須に
  • マイクラは性能も重要だがVRAM容量も重要の一つ
  • ただし、CPUの交換がある場合はGPU単体よりPCまるごとがおすすめ。

というようにマイクラはスペックに関しては幅が広いゲームです

ぜひとも自分にあった環境を性能とお金と相談して決めておきましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次