ブログタイトル名を変更お知らせ

マイクラのマルチサーバー選びで最低限知っておきたいこと

当ページのリンクには広告が含まれています。
にゃもも

あくあもんー!

アクア

どうしたんだ?
というか誰がたぬきじゃ!

にゃもも

マルチサーバーで友達と遊ぶことになって、それで私が運営者になることになったんだけど、IT知識わかんなーいよー!
それでどんな感じで選べばいいのかわからんよー!

アクア

なーんだそんなことかよ!
仕方ねぇからとりあえずこれを聞いてよな?

というわけで今回の記事は初心者において知っておきたい最低限のマイクラのマルチサーバーの基礎知識となる情報をいくつか解説していきます

目次

マルチサーバーの知識を知らないとどうなる。

まず、マルチサーバーの知識を知らないと行けない理由としてですが

結論から言えば、マイクラのマルチサーバーをある程度しらないと損することばかりです。

大きく関わるのはやはり「お金」と「ストレス」の2つが損するでしょう。

お金に関しては見合うかどうかのレベルがかなり重要だし、ストレスについてはゲームプレイは少しでも環境が悪いと発狂したり、そもそもわからなかったりでイライラします。

主な具体的な3つの理由について具体的に解説していきます。

快適にプレイできなくてストレスがたまる

まず一番初心者サーバーが一番やりがちなのがケチってまともにプレイできないパターン。

まさか1GBとか2GBとか使っていますか?

正直ゲームは余裕を持った方が絶対に幸せなのでやめましょう。

実際に過去にお金があまりないころに1GBで体験したことがありますが、本当にストレスMAX。

アクア

二度とやりたくねぇーと思うぐらい不快

にゃもも

アクアちゃんがその顔なら…

それどころかマイクラがバグって表示がおかしくなるし、追い打ちにはワールドが壊れるなど本当にマジで崩壊します。

なので言いたいこと言うのは価格だけで選ぶのは絶対にやめましょうってことです。

理想的にマイクラであればCPUが4コア以上、メモリは4GB以上が今のバージョンでは最低限と言える段階でしょう。

設備過剰し過ぎて無駄遣いに

サーバーをケチるのは絶対にダメなことはわかったが…では反対にスペック高いのでいいんじゃん?と思ったあなたは…

にゃもも

ケチるのだめなのはわかったけど、だったらゲーミングPCみたいにハイスペックがいいんじゃないの??

アクア

これは金を溝に捨てる行為ね。
あとで金色ハンターにこってり怒られるぞ

にゃもも

ゲゲゲ…!確保され給料0円にされちゃう…!

ゴールドコイン

おれいつからあんな設定なんだ…

例えば大手serverに32GBや64GBがあるかもしれないけど、これそんなつかう場面あるのか?

もちろん大規模であれば32GBとか64GBとかないと動かせられないというのがあるので選ぶ正当性はあるでしょう。

しかし、3人とか5人とかの少数やMODプレイなら多くても16GBでも十分と言えます。

そもそもVPS自体が普通のレンタルサーバーに比べて同じ性能なのに価格は驚くほど高く設定しています。

にゃもも

なんでこんな高く付くんだろうー!

もともとVPSはエンジニアとかを想定しているので需要も高いし稼げるだろということで価格は高く設定されています。

最近はゲームの需要のほうが主流になっているので以前よりかは下落傾向ですが、それでも高い価格であることには間違いないでしょう。

またゲームの特性上から基本的に契約解約する人がレンタルサーバーに比べて頻繁なので短い期間だとあまり変わらず、長い期間なほど激安な特徴もあります。

にゃもも

さっきにゃももがゲーミングPCと違ってなぜスペック高くしても意味ないのはなぜなのか?が気になる

ゲーミングPCの場合だとゲームによって重さが違ってくるし、4K画質とか、高フレームレートとか、DLSS3。

ゲーム以外では最近話題のAI関連や動画編集などをあらゆる場面でゲーミングPCは汎用性が高いこと、さらに一度買ったら基本的にパーツを交換しない限りは性能が上がらないのに対し、要求する性能が上がる「インフレ」のリスクが待ち構えているので、少しでも使用期間を長く持つためにも意味があります。

しかし一方でマルチサーバーの場合はそもそもサブスクなのと、ゲーミングPCに比べて汎用性が低いためほかの用途では使えないことや。仮に重いゲームをやる場合においてはそのスペックに合わせた新しく契約した方が合理的なのでいきなり初期状態で32GBとか64GBとかもハイエンドをやったとしてもあまり意味ないです。

ということからゲーミングPCはすこしでも価格高くてスペックが高いほうが幸せなことが多いのですが

マルチサーバーの場合は上げていてもほとんど上がった快感が感じないため、状況に応じてスペックを選んでいくのが一番合理的でしょう。

トラブルのもとになる

3つ目の損失はゲームプレイの時のトラブルのもとになることです。

マイクラのサーバーには基本的に管理者設定という機能がありますが、これをサーバー運営者は知らないとトラブルを巻き込むもとになります。

マルチサーバーで知っておきたいこと

ここまで知らないと損することについて解説していきました、

ここからの解説ではマルチサーバーの運営者として始めていくためには最低限知っておきたいことをいくつか解説していきます。

サーバーの運営方式

まずはサーバーの運営方式がどんなのにするかを決めましょう。

方式はおもに4つで

  • 公式サーバー(自分で立てる方式)
  • レンタルサーバー(サーバーを借りる方式)
  • 無料サーバー(タダでサーバーを使える方式)
  • ワールド参加型(ハイピクセル等)

があります。

今回の紹介するケースは基本的に「レンタルサーバー」を前提に解説しますが、だいたい4つの形式があることをお忘れなく。

プレイヤー人口

プレイヤーの人口はマルチサーバーを選ぶ中でも特に重要な判断指数のひとつになるでしょう。

一般的に人口が増えるサーバーの要求するスペックが大きくなります。

これはchunkの読み込みというのに大きく関わっており、このchunkの読み込みは実際に負荷が大きくなる一つの原因になります。

クロト

1人だとあまり実感わかないけど、2人になるとchunkというだけで処理が重くなるにね…

ただし、チャンクの場合は低くすれば比較的軽くなり、要求するスペックは下がりますが、基本的には水準通りにやるのがいいでしょう。

MODを入れられるか?

3つ目の判断指数はMODです。

MODとはいっても大きく2つに分けられており「MODが入れやすい環境」なのか、「MODの数や大きさによって要求するスペックが変わる」です。

なお、一般的にレンタルサーバーではMODを使うことができますが、公式が提供するレルムズはMODにはたいおうしてない点については注意しましょう。

1. MOD導入のしやすさ

MODの導入のしやすさは買う前に確認しておきたいところでしょう。

  • 対応状況: サーバーがMOD導入に対応しているか確認しましょう。MOD対応を謳っていないサーバーでも、VPSの設定をいじれば導入できる場合があります。しかし、設定方法は複雑で初心者には難易度が高いため、おすすめできません。
  • MODパック: 複数のMODをまとめて導入できるMODパックは、導入の手間を大幅に省けます。サーバーによっては、独自に作成したMODパックを提供している場合もあります。
  • 導入方法: サーバーによって、MOD導入方法は異なります。FTPソフトやWebブラウザ経由など、いくつかの方法があるので、サーバーの説明をよく読んで導入しましょう。

2. MODの数と規模

MODの数と規模では購入後において確認しておきたいところでしょう。

  • MOD数: 導入可能なMODの数が多いサーバーほど、遊びの幅が広がります。ただし、MODの数が多いサーバーは、それだけスペックも高くなります。
  • MOD規模: 軽微な変更を行うMODから、ゲームを大きく変化させるMODまで、MODの規模は様々です。大規模なMODを導入する場合は、サーバーのスペックが十分かどうか確認が必要です。
  • MODのバージョン: サーバーとMODのバージョンが一致していないと、動作不具合が発生する可能性があります。MOD導入前に、サーバーとMODのバージョンが一致していることを確認しましょう。

なお、MODサーバーで運用をしていく前にまずはシングルプレイでそのMODが動かせられるかどうか必ず確認しましょう。

競合する場合は相性の問題なので基本的に外します。

会社が倒産しないか

レンタルで長期契約をしていく場合は会社が財務状況が悪くて倒産しないか確認するのもいいでしょう。

大手会社の場合だと基本的にあまり気にしなくてもいい部分だと思いますが、今の時代において変化が大きいので念のため確認しておくのもいいでしょう。

にゃもも

でも財務諸表ってなかなかの専門用語よね…?
ゲームユーザーのほとんどの方に難しくない?

ゴールドコイン

難しいと言っても財務諸表は基本的に当たり前に見ておきたい最低限の知能さ。
今回のケースは投資家のようなことと似ている考え方だが、マルチサーバーの場合では消費するもんだから倒産するかが一番のリスクポイントだぜ。

財務諸表は貸借対照表と損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つありますが、借りるだけなので基本的には貸借対照表をみれば十分です。

ただし、財務諸表を開示している会社は一部の会社に限られているのでこの部分は余裕があればでいいでしょう。

CPU・メモリ量

マルチサーバーでも特に一番知っておきたいことはCPUとメモリの量です。

アクア

最後にした説明した理由は前置きの情報がないとわからなくなるため。

マイクラのマルチサーバーは公式サーバーやらVPSやらでいろんな手段がありますが、どれも共通しているのがこの2つです。

クロト

CPUとメモリ強いて言えばどっちが特化すればいいのかしら?

ゲーミングPCとかであればメモリの容量よりCPUのスペックのほうが優先しておきたいということがよくありますが、サーバーの場合はどっちも重要。

基本的にどちらかが足を引っ張るとその高性能側のほうは活かせず宝の持ち腐れになります。

サーバーは高速さはもちろん大切だけど、なによりも安定が求めておきたいです。

安定さがないといくら高速でも快適にプレイができません。
ストレスがたまるでしょう。

とはいえ、前述の通り多く設備を要しても余裕でも腐らないゲーミングPCとは違ってマルチサーバーは使い道が限られているので、基本的にそのときの状況で合わせるのが最適になります。

ゲーミングPCマルチサーバー携帯通信(参考)携帯(参考)
多少高めのほうが良い
(20万以上推奨)
基本的に状況にぴったり合わせる
(ただし最低4GB「MODは8GB」、推奨8GB「MOD16GB」以上)
安さ重視!iPhoneならSE3で
個人的にコスパの良いIT戦略

最低:CPU4コア、メモリ4GB以上(ただしMOD入れては推奨しない)

基本的にマイクラのマルチサーバーを最低限で遊ぶのであればCPUは4コア以上、メモリは4GB以上はほしいところです。

2GBでも一応遊べるらしいけど、そもそもギリギリな動作なのでストレス的に1ヶ月ももたないでしょう。

4コアで4GBのメモリであれば2人ぐらいで遊ぶ程度なら影MODとかも普通にプレイが可能です。

CPUのコア自体は基本的には十分すぎるけど、メモリが少ないので基本的に3人程度で遊ぶぐらいが目安でいいでしょう。

推奨:CPU6コア、メモリ8GB以上

前述の4GBはあくまでもギリギリのレベルということなので、基本的にMODを入れてがっつり遊ぶのであれば8GBぐらいは最低でもほしいでしょう。

アクア

意外と1個あたりのMODが重いので、余裕をもったほうがいいかも

人数が増えれば増えるほど動作が重くなるので、バニラで5人以上もしくはMODをいれる場合はやはり4GBでは厳しいでしょう。

前述の通りチャンクの読み込む数が増えていくので大きくなっていくわけです。

なお、余談としてCPU6コア、メモリ8GBはレンタルサーバーと同じ水準です。

8人以上:CPU8コア、メモリ16GB以上

8人以上の場合はなるべくなら、CPUは8コアでかつメモリは16GBは望ましいでしょう。

ここは基本的10人以上でグループ活動をする方があんまりいないかなと思うので、主に小規模な視聴者参加型サーバー、まちづくりプロジェクトのサーバーなどを主になるでしょう

大規模参加型:CPU12コア、メモリ64GB

最後は大規模参加型(50人以上)であれば最大スペックにしましょう。

人数にもよるけれど、大人気Youtuberの場合では視聴者の数もかなり多くいるので必然的に要求するレベルも高くなるでしょう

また、小さな参加型とはことなり人数が多すぎて把握しきれないことが予想されること、かつ急に人数が増えたりすることも想定されるので、あらかじめ人数上限などもしておくことでコストとパフォーマンスに良いでしょう。

【究極向け】1コア/1GBあたりのコストを考慮しよう

コストパフォーマンスを更に追求するなら、1ヶ月あたりの1コアの価格と1GBのコスト、あとは調べられるのであれば速度あたりのコストを調べるのもいいでしょう。

例えば36ヶ月契約で4コアCPUと4GBメモリが60000円のA社と12ヶ月契約の8コアCPUで16GBメモリの28000円のB社があるとします。

A社の場合は1ヶ月あたり1667円、B社の場合は2333円です。

にゃもも

これだけみるとA社が安いのね…!

アクア

でも重要なのはここからだぜ

なお、CPUとメモリはどれくらいの比率かの価格原価判断は不可能なのでそれぞれ個別に計算します。

A社の場合はCPU1コアあたり417円、メモリ1GBあたりも417円です。
一方のB社の場合はCPU1コアあたり292円、メモリ1GBあたり146円です。

  • CPU差額:417-292=125円ぐらいの差
  • メモリ差額:417-146=271円ぐらいの差

ということから一見すればA社が安いのに間違いないですが、コスパが良いのはB社になります。

もちろんこれは物理的な量の比較なので世代とかクロック、使っているCPUにも大きな差が出てくることがあります。

ただ、メモリに関してはあまり速度を上げても体感差を感じないことが多いのでここは量だけ気にしましょう。

マイクラマルチサーバー:管理者設定機能をマスターしよう!

マイクラマルチサーバーを運営する上で、管理者設定機能は欠かせません。この機能は、サーバーの様々な設定を変更できるもので、主にサーバー側で提供されます。

大手サーバーでは、「マインクラフトマネージャー」と呼ばれるツールがよく使われます。このツールを使えば、以下の5つの設定項目を簡単に変更できます。

1. 難易度

  • ピースフル、イージー、ノーマル、ハードの4つの難易度から選択できます。
  • 難易度によって、敵の強さやスポーン率などが変化します。
アクア

ここはシングルと同じ部分ね!

2. PvP設定

  • PvP(プレイヤー同士の戦闘)を許可するか、禁止するかを設定できます。
  • PvP許可の場合は、戦闘に関するルールも設定できます。

3. MOD

  • MODの導入を許可するか、禁止するかを設定できます。
  • 許可の場合は、導入できるMODの種類やバージョンなどを制限できます。

4. ゲームモード

  • サバイバル、クリエイティブ、アドベンチャー、スペクテイターの4つのゲームモードから選択できます。
  • ゲームモードによって、プレイヤーができることが変化します。

5. 起動

  • サーバーの起動・停止・再起動などを実行できます。
  • サーバーの状況を監視し、必要に応じて操作できます。

上記以外にも、権限やホワイトリストなど、様々な設定項目があります。

これらの設定を理解し、適切に変更することで、より快適なサーバー環境を実現できるでしょう。

まとめ

今回はマルチサーバーに投資をするに当たり、知っておきたい情報を解説していきました。

このマルチサーバーはマイクラの中でも中級以上の能力が求められるため、基本的に難しいといえるでしょう。

にゃもも

マイクラ以外にも「IT」や「会計」などにも出てきたわね
(財務諸表は必要かどうかだけど…)

しかし、ある程度の知識があれば無駄なことを減らすことができ、節約につながることになります。

今の時代は「節約」と「稼ぐ」そして、「情報量」が問われる時代になります。

その情報がいかに使いこなせるかどうかであなたのゲームライフが変わるのでマルチサーバーの知識は覚えておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次